2012年02月09日

ホルモンバランスを整えるたんぽぽ茶

たんぽぽ茶には、脳下垂体の卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を促進する作用があります。
卵胞刺激ホルモンは、卵巣内の未熟な卵子の成長を助け、黄体形成ホルモンは子宮内膜を変化させ、受精卵が着床しやすい環境を作ります。
妊娠するためにはかかせないホルモンであり、このふたつのホルモンのバランスが崩れたりすると、
排卵がうまく起こらない、着床しづらいなどの症状があらわれ、不妊の原因となります。

たんぽぽ茶に含まれるたんぽぽT-1が脳下垂体に直接働きかけてこのふたつのホルモンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整えてくれるので、
質の良い卵胞が発育する、子宮内膜が厚くなり着床しやすくなるなどの効果が期待できます。

また、あまり知られていませんが、たんぽぽ茶は男性不妊にも効果的です。
男性の場合も、血行をよくし、ホルモンバランスを整えることは、精子を作る上でもとても大切なのです。
男性がたんぽぽ茶を飲むことによって、精子の数が増えたり、運動率が上がったという報告もあります。
現代は男性不妊も増えているとのこと。
夫婦でたんぽぽ茶を飲用することが、妊娠への近道かもしれません。
posted by たんぽぽ茶【効能】効果 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。